English page is here.

男声合唱団クールビア

  • クールビア演奏風景、長野県男声合唱フェスティバル
    平成2年、あがたの森サタデーコンサートに公募合唱団として参加したのをきっかけに、翌年クール・ビアとしての活動が始まりました。 以降、信越放送「母の日に歌うコーラスの祭典」、白馬「夏の終わりのコンサート」、「松本市芸術文化祭」、「サラダ街道合唱祭」などに出演し、また数々のジョイントコンサートへの参加や7回を数えた単独コンサートも開催してきました。 松本市市制施行100周年記念まつもと市民オペラ 第1回公演「こうもり」(全2幕 日本語上演)での助演協力も大成功をおさめ、「楽都」松本の発展とともに私たちも大いに飛躍して行きます。古来より音楽は、いろんな時代の変遷を経ながらも、絶えることなく面々と続いています。しかし、経済的な効率の追求や政治不安などによって、芸術活動が軽視されると文化は荒廃の一途をたどる事になりかねません。我々クール・ビアは男声合唱の魅力を通して、音楽のすばらしさを伝えながら、また、聞くだけではなく一緒に歌っていける仲間を増やしていきたいと思います。長野県内ではここ数年のうちに相次いで男声合唱団が誕生しています。クール・ビアも、すばらしい指導者と伴奏者を迎え、よりいっそうの発展をしていきたいと思います。

団長挨拶

  • クールビア団長、蕎麦倶楽部佐々木にて

    こんにちは。私どもは長野県下に十数団体ある男声合唱団の1つです。長野県下の男声合唱団の歴史は古く、旧国鉄の長野工場にあった男声合唱団はコンクールの常連でした。そしてもう一方、多くの高校の男声合唱団と信大グリークラブが長野の男声合唱の歴史を脈々と受け継いでいます。十数年前、男声合唱の魅力に取り付かれた有志が集まって結成されたのがクール・ビアです。現在は指導者に吉野恵美子先生を、コレペティに有賀詩織さんを向かえ活動しています。30代から70代まで幅広い年齢層とさまざまな職業の人が和気藹々と月2回の練習をしています。 ところでクール・ビアの名前の由来ですが、クールはフランス語でコーラス、ビアはビール。冷えたビールにかけています。お酒好きで陽気な仲間たちです。男声合唱に興味をお持ちの方、ぜひのぞきにきてみませんか。団員一同お待ちしています。

    代表 福澤眞理

公演案内

第11回演奏会

  • 「人生と愛をうたう」
  • 松本市音楽文化ホール
  • 2018年9月30日(日)
  • 14:00開演(13:30開場)
  • 入場料1000円(高校生以下無料)